Back to All Events

Artist Talk + Taco Dinner

本日はマリン・リン・ノードストロームをゲスト・スピーカーとして招いて滞在制作および制作過程についてアーティスト・トークをしていただきます。その後、スエーデン風タコスを作り、一緒に食事を楽しみます。

Please join us tonight as Malin will give a short presentation of her artistic practice and work in progress. Afterwards, we will cook and eat a meal together, consisting of Swedish style texmex tacos. 
 


Malin Lin Nordström

02-2018-06-17-Malin.jpg

1984年生まれ、スエーデン・台湾出身。現在ノルウェー北部トロムス県に位置する都市トロムソを拠点に活動しています。マリンはパーフォマンスやインスタレーション、映像、音声、テキスト等といった媒体を通して、国際化が進んだ後期資本主義社会における人間の心理を問い続けています。このようなテーマを、日常の生活の中で新たな視点から観察して理解できる方法を提示しています。

現代社会において、宗教的意味合いが薄れてききた儀式とスピリチュアリティはどのような役割を担っているかがマリンにとって大きなテーマの一つとなっています。

今回はマリンが14-54に滞在しながら、現代日本におけるお葬儀とは何かについて研究し、6月29日から14-54で、初となる滞在制作の成果を発表し、展示会を開催します。


Malin Lin Nordström (b 1984) is a multidisciplinary artist from Sweden/Taiwan who is currently based in Tromsø, Norway. Working in a range of media, including performance, installation, video, sound and text, she investigates questions related to the human psychology in a globalised, late capitalist society, and how these can be observed and understood on a smaller scale in everyday life. 

One of the topics Malin explores in her work is rituals and spirituality, and how these can be understood and applied in a contemporary, secular context. 

This month Malin is staying at 14-54 as an artist-in-residence, researching funeral rituals in contemporary Japan. This will result in an exhibition at 14-54 with opening on 29th of June.