About 14-54
14-54 is an open space shared by Queen & Co., Towada Art Center, and the City of Towada. Feel free to come and relax, check out the Towada Art Center reading room, or talk with us about using the space for your next event. 


About the Architecture

14-54 is a public space, open and free for all. We wondered how best to build a place slightly out of the ordinary, a place that would spark something unusual and exciting. The building in question—now 14-54—is an old bookstore that had closed after over 60 years. Numerous renovations and additions had made the building long and deep, typical of many other buildings along Towada's covered shopping arcade. 

150 years ago, the first settlers in Towada built their shops along this street, which to this day remains Towada's main arterial. Storekeepers at the time built narrow entrances to avoid hefty taxes calculated by the width of their shops, behind which lie the proprietor's residence and a small vegetable garden. As times changed and the city grew, shop owners traded their houses and gardens for more retail space, building second floors for living quarters and further expanding their stores with construction and additions. At first glance, it may be easy to miss just how deep these buildings go, but once inside visitors are amazed at how far back they extend.

We thought about how best to entice passersby into 14-54. The space needed to be transformed into somewhere exciting and inviting, a place visitors could encounter something new and unknown. We first removed the walls to many different rooms to create a single, wide-open space. We built a booth to divide the space without isolating any one area. The booth has a furniture aesthetic and leaves about one meter below the ceiling open to give the entire space a sense of continuity. We painted the floors gray and the walls white so that the space does not overwhelm the events that unfold here. At the entrance, we traded heavy corrugated shutters and thick metal frames for giant glass doors inside bright wooden frames. Recessed three meters from the sidewalk, 14-54's entrance and interior are extensions of its exterior, with the same white walls and grey floors, as if to allow the activities happening inside to jump out into the city at any moment.

Since its opening, we have seen many visitors to the shopping arcade who stop to peer inside the anomaly of 14-54. Intrigued by its openness, many find themselves drawn inside to see more. The more people who stop by, join in, and participate in 14-54, the more we see word spread of its existence. I sense that this new public space is setting off a positive chain reaction in the city.

Floor area: 270㎡
Type: Office
Scale: 1F
Text: Watabe And Associates (WAA) 
Transcreation: Queen & Co.
Photos: Queen & Co.


14-54について
十和田市の中心に位置する14-54は、「街に開かれた場所」をコンセプトに、株式会社Queen & Co.十和田市現代美術館、そして十和田市の地域興し協力隊が共同運営する新しい参加型オープンスペースです。


建築について

十和田のまちなかにできた開かれた出来事を共有するスペースです。道行く人が足を止め、今までとは違う出来事が起こっていると予感する、そんな感覚を創るにはどうしたらよいか? プロジェクトの対象となる建物は、アーケードのある商店街から直交するように、奥へ奥へと増築を繰り返していました。「間口に対して奥行きの深い建物形状」は、この通りの典型的な型です。

150年ほど前、最初の移住者はこの通りに集まり商いを始め、現在に至るまで町の中心として発展してきました。間口4間ほどの商店が軒を連ね、商店の奥には住居、その奥には畑を持つというのが当時の基本スタイルでした。時代の変化と共に手狭になった建物を大きくする際には、住居部分や畑の部分を使って、奥行き方向へと増築をしてきました。建物どうしが密接しているため通りからはその奥行きが認識しにくいですが、中に入ると想像以上に奥へと続く商店もあり、思いがけない体験となります。

この通りの特徴でもある奥行きの深い建物形状を顕在化し、通りを歩く人をその奥行きの中に誘うことで、新たな出来事に出会える賑わいの場となるよう考えました。

内部は、間口方向の壁を解体し奥行き方向を強調する大きなワンルームとすることで、抜け感のある開放的な空間になっています。活動の領域を分けるために設けたブースは、家具のような扱いとし天井には届かない高さとすることで、抜け感を阻害しないようにしました。壁や床はモノトーンを基調とし、家具は木製を中心とすることで、アクティビティなどの出来事が主役になれるような配色としました。

エントランスは道から3mほどセットバックさせ、外部も内部と同じ仕上げで揃えました。内部の出来事がまちに飛び出すようになることで、視認性の確保を図っています。

商店街に来たまちの人が違和感に気付き、ふと足を止めて中を覗き込むと他には無い抜け感に遭遇し、視線は自然と奥へと吸い込まれます。次第にその視線の途中で起こっている出来事に出会い、自然と中に足を運ぶことができればと考えました。そのようにして通りに溢れ出た内部の賑わいが、また新たな人の参加を促し、人から人へ連鎖していく新しい開かれた場になって欲しいと思います。

Floor area: 270㎡
Type: Office
Scale: 1F
テキスト: Watabe And Associates (WAA)
写真撮影: Queen & Co.